トカイワインとは


貴腐ワインのカテゴリーに入るトカイワインは、貴腐菌(ボトリティス・シネレア)によって甘みが凝縮され、独特の香りを持つ貴腐ブドウを使った極甘口の白ワインです。貴腐菌は、多くの植物にとっては病原菌です。貴腐菌はブドウにも大きな被害をもたらすのですが、霧深い地域では腐らずにしなび、甘みが凝縮した貴腐ブドウになるのです。このような地域は世界でもごく限られているため、貴腐ワインを作ることができるのは、世界でもごく限られた地域になっています。

(Photo:Kohki Nishikawa )

専門家、三大貴腐ワイン中の最古で一致

世界三大貴腐ワインはフランス・ボルドー地方のソーテルヌ、ドイツ・モーゼル地方やライン地方のトロッケンベーレンアウスレーゼ、そしてハンガリー・トカイ地方のトカイワインです。 伝説によると、17世紀半ば、オスマン帝国(トルコ)の侵攻を受けたハンガリーではブドウの収穫が遅れ、多くの生産者がワインの醸造を諦めました。ところが、収穫が遅れたブドウを「捨てるのはもったいない」と、腐ったようなブドウでワインを造った人たちがいました。それがトカイワインの始まりであり、世界初の貴腐ワインです。以上は文献としては存在していないのですが、専門家の間でもトカイワインが世界最初の貴腐ワインということで意見の一致をみています。ハンガリーワインについての良書「ワインの国ハンガリー トカイを巡りて」には、「よく知られた伝承は間違って、最初のアスー・ワイン(トカイワイン)は1650年頃としました」とあり、「貴腐ブドウから作ったワインの起源は1523年」としています。
ルイ14世が「王のワインして、ワインの王なり」

トカイワインは、太陽王ルイ14世が「王のワインにして、ワインの王なり」と絶賛、愛飲していたことでも有名です。オーストリア皇帝マリア・テレジア、ローマ教皇ベネティクト14世、ロシア皇帝ピョートル1世、フランス王ナポレオン3世をはじめとする数々の皇帝・王たちがトカイワインの虜になり、買い集めたとも言われています。 ハンガリーの周辺国の王たちが愛飲した背景には、トカイワインが複雑な外交関係を円滑にするためのアイテムとして活用されていたことがあるようです。ですから、トカイワインはハンガリーのもっとも優れた外交官とも称されています。

(Photo:Kohki Nishikawa )

世界遺産になったトカイのワイン産地

トカイワインの産地であるトカイ地方は2002年、「トカイのワイン産地の歴史的・文化的景観」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。中心となるトカイ村はハンガリー北東部に位置し、ブダペストからは鉄路で2時間半ほどです。小高いトカイ山の山裾に近い駅を出て、裾に沿って歩けば村の中心部です。ブドウ畑を眺めていると、多くのワイナリーが出店を構える中心部に着くイメージです。そこでは、いくつもの種類を格安の価格で試飲することができます。 その中心部近くで、2つの川が合流します。ティサ川とボドログ川です。トカイ地方は28の有名な村と7000ヘクタールのブドウ畑から成りますが、これらの川や近くにある山の影響でこの周辺は霧のでることが多く、それがブドウを貴腐化させ、この地域を何百年にもわたって世界有数のワイン産地にしているのです。
糖度で決まるputtonyos

トカイワインの甘口には大きく分けて、貴腐化していないブドウで造ったワインに貴腐ブドウだけを加えてさらに醸造させたTOKAJI ASZU(トカイ・アスー)と、貴腐ブドウと貴腐化していないブドウとをより分けることなく収穫し、一緒に醸造させるSZAMORODNI(サモロドニ)の2つのタイプがあります。 TOKAJI ASZUはかつて、貴腐ブドウを加えた量で等級が決まりました。トカイ地方の伝統的なブドウ籠(※一籠で約25キログラム前後)はプットニと呼ばれており、最高級クラスの6puttonyos(プットニョシュ)はプットニ6杯分の貴腐ブドウを入れて醸造したことを示していました。3puttonyosなら3杯分になります。 今は、リッターあたり何グラムの糖分が含まれているかによって分類されており、6puttonyosの糖分量は150~180グラム、5puttonyosは120~150グラムです。4puttonyos(90~120グラム)と3puttonyos(60~90グラム)のトカイ・アスーはまだ市中に出回っていますが、最近になってランクが廃止されました。 SZAMORODNIでもCHATEAU CLOCHE TOKAJI SZAMORODNI 2014のように4puttonyosクラスの糖分104グラムを誇るワインがあることから、3puttonyosや4puttonyosはTOKAJI ASZUのブランド価値を下げるとされたのです。今では、新たに3puttonyosや4puttonyosのラベルを付けることはできません。 トカイの極甘口ワインには、6puttonyosを超えるEszencia(エセンチア)もあります。貴腐ブドウのみを使っており、180グラム以上の糖分でEszenciaを名乗れるのですが、700グラムを超えるものもあり、MONTE TOKAJのEszenciaはなんと860グラムです。「どうやったら1リットル中に860グラムもの糖分が溶け込むのか」と思ってしまいますが、間違いなく溶け込んでいるようです。

(Photo:Kohki Nishikawa )

 
Furmint とHarslevelu

トカイ地方で多く栽培されているのは、Furmint(フルミント)とHarslevelu(ハールシュレベリュー)、Sargamuskotaly(シャルガムシュコターイ=イエローマスカット)です。いずれもハンガリー以外ではほとんど生産されていません。トカイワインはこの3種をブレンドするのが一般的ですが、主力はFurmintです。トカイワインは単一種で醸造されることもあります。 また、トカイワインには辛口の白も多く、FurmintやHarsleveluなどが使われています。辛口なのですが、TOKAJI ASZUと同じように香り豊かで、蜜を感じさせることが多いです。ハンガリーでは1930年代、白ワインがワイン全体の60%以上を占めていたとされますが、今も白ワインを楽しむ人が多くおられます。